2017/05/21

家と庭について考える




最近、造園家の荻野寿也さんのBOOKが出ました。



昨年、伊礼智さんの住宅デザイン学校で
運よく荻野賞をいただいたこともあり、
私にとっても特筆すべきBOOKなのです。

最終講評時の模型

思えば、設計段階から内と外の関係に頭を巡らせるようになったのも、
5年程前に初めて荻野さんの話を聞いてからです。

住宅のおまけではなく、住宅=庭 を意識して設計するようになりました。

植栽は、確かに、虫が付いたり、葉っぱが落ちたり、水をやったり
必ず手入れが必要です。
もちろん、生きていますから当たり前のことです。
自分も苦手な部類です。
できないことはプロに管理してもらいながら、自分の出来ることをしています。

でも、その煩雑さも
それぞれの美しい緑や花を見ると、不思議と消えます。。

庭を持って初めてわかることがあります。



いつか荻野寿也さんをお呼びして、
庭づくりワークショップをやりたいと密やかに思っています。

この本に共感し、
荻野さんに造園を頼みたい!という方が、
いらっしゃいましたら、ぜひ一緒にやりましょう。

私自身、設計としても学ぶことが沢山ありそうです。



福岡美穂


---------------------------------------------



ブログ:チャリと野菜生活ラボ

facebook(福岡美穂)
facebook(暮らしの設計室)

instagram(kurashi_s.fukuoka)




---------------------------------------------


2017/05/15

今治オープンスタジオの庭模様


暫く見ないうちに、
今治オープンスタジオの花壇には沢山の花が咲いています。









道行く人を和ませる、植物の力って素敵ですね。



福岡美穂

---------------------------------------------



ブログ:チャリと野菜生活ラボ

facebook(福岡美穂)
facebook(暮らしの設計室)

instagram(kurashi_s.fukuoka)




---------------------------------------------







2017/05/08

建築と庭



ゴールデンウィーク中、自邸に来客がありました。
少し先になりますが、京都市内で建築予定のお客様。

遠いところをお越しいただきました。
身の引き締まる思いです。


自邸も3年目を迎え、窓から見える桂もよい風を運んできます。

庭は3年目からよくなる、と、
いつも外構計画をお願いしている吉田ランドスケープさんが言っていた通りです。
庭は育てていくもの。

暮らしの設計室のアトリエは、
吉田ランドスケープさんのお隣を間借りしていることもあり、
仕事環境に緑が必ず飛び込んできます。



それを見るたびに、建築と緑の重要性をひしひしと感じます。

最近ここ1年前程から、建築プランを起こすのと同時に外構計画も相談し、
最もその土地に自然な建築・外構計画を模索しています。

いつもクライアントの方にはお伝えしていることですが、
現在の欲望だけで家を建てるのではなく、
土地が持っているポテンシャルを最大限に活かす、
その視点も永く愛すべき住まいを建てるために必要なことなのです。





福岡美穂


---------------------------------------------



ブログ:チャリと野菜生活ラボ

facebook(福岡美穂)
facebook(暮らしの設計室)

instagram(kurashi_s.fukuoka)




---------------------------------------------




2017/05/03

今治市高橋の家 お引渡し


先日、またひとつお引渡しを終えました。


























今回は
フルオープンの窓サッシを使ってみました。


























まだ、ここからの眺めとしては味気ないですが、
外構(お庭)が完成するのが楽しみです。

吹き抜け

























玄関まわり



























LDK

























2F



家具もご提案させていただきました。
きっとK様の好きなものに囲まれた空間になることでしょう。


福岡美穂

---------------------------------------------



ブログ:チャリと野菜生活ラボ

facebook(福岡美穂)
facebook(暮らしの設計室)

instagram(kurashi_s.fukuoka)




---------------------------------------------


2017/04/29

our favorite room vol.4





















フリーペーパー
our favorite room vol.4
暮らしの設計室の「紅葉町の家」が掲載されております。



























街のどこかで見かけられましたら。。
手に取っていただければ幸いです。





福岡美穂



---------------------------------------------



ブログ:チャリと野菜生活ラボ

facebook(福岡美穂)
facebook(暮らしの設計室)

instagram(miho fukuoka)




---------------------------------------------



2017/04/24

北欧照明























先日、ルイスポールセン社の照明セミナーへ行ってきました。
ひとつひとつの照明の光が、美しく見えるように。
学んできました。

光は、大きなテーマです。
使い方次第で、美しい空間ができるのです。

個人的には、教会や修道院のような光に憧れています。

ルイスポールセンといえば下写真のPHシリーズが有名ですが、
まだまだ多くの美しい照明があります。

そのこだわりや哲学を知れば知るほど好きになる、そんな照明ばかり。

かくいう自邸もPH5です。







奥に見えているのもヤコブセンのAJフロア
この照明も読書灯として最高です。
何と言ってもデザインがいい。
















ルイスポールセン
ホームページはコチラ


この照明の多くが展示されているのが、
香川丸亀のコネクトさん。
実物で、光の美しい飛び方を見ることが出来ますのでぜひ。

コネクト
ホームページはコチラ


まさか名作照明には足元にも及びませんが。。
照明好きゆえ。
自邸のために自らデザインした照明。
時たま気に入っていただいた方に、ご購入いただきます。
ありがたいことです。

















気に入ったものが無ければ作ってしまおう精神で、
割といろいろなものを失敗しながら作っています。
新たなプロダクトを考えるのは、とても楽しい時間。


また機会があれば、ご紹介します。





福岡美穂


---------------------------------------------



ブログ:チャリと野菜生活ラボ

facebook(福岡美穂)
facebook(暮らしの設計室)

instagram(miho fukuoka)




---------------------------------------------




2017/04/01

暮らしとおしゃれの編集室 高知編連載



















暮らしとおしゃれの編集室 4月の連載おでかけ編を担当いたしました。

今月は高知編です。
毎週土曜日、
高知のピックアップさせていただいた4軒のお店がアップされます。
今週は、雨風食堂さん。

もうすぐ春なので、おでかけシーズン。
高知は、人のつながりを強く感じる、大好きな県のひとつです。
どのお店も素敵ですので、機会があればぜひ!















■マチボンVol.10
愛媛 今行きたいカフェ

お仕事で関わらせていただいたdede cafeさんが載っています。
軸がぶれないdedeさんとMELTさん。

こちらも素敵なカフェです。
また改めてブログでご紹介させていただきます。

マチボン
ちなみに実は「暮らしの設計室」も紙面載ってます。
あくまで広告ですが(汗)














愛媛のカフェが沢山載ってますので、
手に取ってみてください。



福岡美穂


---------------------------------------------



ブログ:チャリと野菜生活ラボ

facebook(福岡美穂)
facebook(暮らしの設計室)

instagram(miho fukuoka)




---------------------------------------------