2014/12/23

自邸進捗 「ソーラーれん」稼働



パッシブソーラー「ソーラーれん」のテスト。


風量測定器のスティックを操作する電気の菅さん。

まるで、ハリーポッター。


これは、
天井裏に据え付けられたハンドリングボックスからの風量を測定しています。


丹念にデータを集める塩見さん(勇工務店)。

春・秋モード
夏モード
冬モード

それぞれ異なる動きをするのです。

「そよ風」には、
1Fにも切り替えが付いています。
動くかどうかのチェック。



外の貯湯槽の繋ぎ。

私には、何が違って、何が合っているのか
さっぱり!わかりません。

水道の松本さん、
四国ガスの河野さん、
電気の菅さん、

みんなが関わる部分。

複雑な工事、頭が下がります。

越阪部さん、塩見さんのチェックが入り、
無事、稼働しました!



夏モードで、太陽の空気熱でお湯が沸きます。


壁に付いたコントロールパネルでは、

棟温度(屋根を通った空気の温度)
外気温度
室内温度

それぞれ、温度センサーがあり、
今の家の温度状況がわかります。

そのデータはSDカードにレコードされます。

今後の解析は、コラボの高垣さんに丸投げ中です。
データが安定する頃に、数字となって表れます。


最後に床吹き出し口の風量チェック。

問題なしとのこと。


その日より、
パッシブソーラーが稼働しはじめました。


あとは、多少の残工事とお庭工事。

1月中旬ころには、全ての工事完了です。



ずっとあたためてきた計画が現実となると、
なんだか、不思議な気持ちです。



コラボハウス
福岡美穂






0 件のコメント:

コメントを投稿