2015/10/19

ドイツ・スイス建築6


ハルデンシュタイン村

ペーターツムトアのアトリエ  外観見学へ。

外壁はカラマツの木摺。


南側の庭が垣間見えた。
桜の木でしょうか。























シンプルですが、とても自然なカタチ。
間延びしていない階高。


そして、同じくツムトア設計の老人ホーム の外観。






































































自然に溶け込んで、ひっそりと在りました。


その日は、クールにて宿泊。
お勧めに従い、スイス料理のお店に入りました。

















本場のチーズフォンデュは、パンに付けて食べるんですね。
どの料理も、びっくりするくらい美味しかったです。
これを書いていると、お腹空いてきました。。

旅の夕食は、日本時間にして午前2時~3時くらい。。
そんなのお構いなしで、旅の間は全力で食します!

クールの夜。










































街並み。
どこを見てて美しい。






































夜のウィンドウショッピング。
家具屋さんもレベル高し!


































































照明屋さん。





















シーリングライトなどは、存在せず。。
ほぼペンダントライトか置き型照明です。

そういえば、ホテルもフロアライト、デスクライトばかりです。
天井に照明が付いていない。

そして、どのライトも電球色(あたたかい色)です。
これは、図書館やオフィスにおいても同じでした。

こう考えると、自邸も同じですね。
LDKの天井照明(ダウンライト)は2つ。
これで十分。

足らない光は、フロアライトを使っています。
光のムラが好きです。

LESS IS MORE
(少ないほど、豊かである)

これは、ドイツの建築家ミース・ファン・デル・ローエの言葉。





コラボハウス
福岡美穂







0 件のコメント:

コメントを投稿