2015/10/23

ドイツ・スイス建築7



個人宅(グガルン・ハウス)へ。
設計:ペーター・ツムトア





















息をのむ、素晴らしいロケーションです。






































全体的に天井高さを抑えています。
とても落ち着きます。
























































































スマホカメラでは上手く撮れませんでしたが、
細く絞った窓からの景色も絵のよう。
















一般的には、地下に洗濯室があるそうです。
こちらのお宅も地下にありました。

お風呂と洗面は2Fです。





















なんだか不思議と、
とても親近感のある素敵なお宅。

思い描く理想の家に通じるところがありました。
体感できてよかったです。


そして、同じくツムトア設計の
聖ベネディクト教会へ。






















このような風景を見ながら、約15分ほど坂道を歩きます。
村の教会。












































内部は、光が美しく差し込みます。































































素朴で柔らかい空間。
来るものを拒まない、内包性を感じました。


次に、ヴァルス・テルメへ。
同じくツムトア設計。
スイスの温泉施設です。

























テルメ内部は撮影不可でしたので、コチラのHPで見れます。
ヨーロッパの温泉は水着着用です。
ぬるい温水プールさながら。

一箇所だけ42°の場所があり、寒くなればそこに避難しながら、
夕刻まで中でプール内・サウナをうろうろしていました。

プールについては、つま先立ちでなんとか歩ける深さ。
ギリギリ溺れないことにホッとしつつ、品のある内部空間を満喫しました。

地元の石で構成されたファサードは、土地に驚くほど馴染みます。





















ホテルの方は最近経営が変わったらしく、
日本の建築家としては、安藤忠雄・隈研吾が手掛けた部屋があるとのことです。
HPはコチラにて。


叶うなら、また入りたい!と思ってしまっている自分がいます。
それくらい心地よくリフレッシュできました。

恐ろしく遠い温泉ですが。。








コラボハウス
福岡美穂










0 件のコメント:

コメントを投稿